ダイキャスト
薄く、軽量で丈夫なCVT やオートマチックトランスミッションのアルミケースなどをつくっています。
原料であるアルミインゴットを溶解炉で溶解し、溶かしたアルミを大型の金型に流し込んで部品をつくります。
プレス
大きな一枚の鉄板から、大型プレスマシンで一気に大きな力で打ち抜き、たくさんの種類のパーツをつくります。
鍛造
トランスミッションに使われる歯車をつくります。

 ●熱間鍛造
切断された鋼材を1,200℃に加熱し、鍛造します。

 ●冷間鍛造
切断された鋼材を常温で鍛造します。

熱処理
ギアやシャフトなど、車が走るときに特に大きな力がかかる部分は、加熱して強度を高めます。
機械加工
金属を切削・研磨・溶接して歯車やシャフトなどの部品を正確に仕上げます。
組付け
加工ラインで仕上げた部品や部品会社から仕入れた部品を流れ作業によって順序よく、正確に組付けて完成品にしていきます。
検査
完成品の動作確認のため、約120項目にも及ぶ厳しい検査を行います。
出荷
完成した製品は世界中のトヨタの工場へ出荷され、車に組み付けられます。

製品情報はこちら