ゼロエミッションネットワーク共同回収

10月18日、今年度2回目の蛍光灯共同回収を行い、計1.6トンの廃蛍光灯や電池類を回収しました。
当社では、苫小牧市の回収では埋め立てられてしまう廃蛍光灯や電池類を近隣企業と共同で回収、水銀・ガラス・金属類に分類し、再資源化しています。市資源化の処理は、日本で唯一水銀の再資源化を行う野村興産(株)イトムカ鉱業所(北見市)にお願いしています。
共同回収は年2回の頻度で行っており、今回で27回目となります。